スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子で楽しめるイベント吉備路マラソン

岡山県人であれば誰でも知っている吉備路マラソン
その吉備路マラソンにフルマラソン、ハーフマラソンなどと並びファミリーマラソンがあるのです

募集案内では
距離800m・1.5km
参加人数1300人(800m)、3000人(1.5.km)
対象者:小学生以下(親と同伴)
というもの
時期は2月の下旬

今年、私父親がハーフマラソンに出た後、我が子(当時1歳10ヶ月)とファミリーマラソン(800m)参加しました
総社の主要道路でもありマラソンやハーフマラソンと同じスタート場所から走り始めます
小学生から歩き始めたばかりの幼児まで年齢は子どもの年齢は幅広いですが、早く走る子は前、のんびり歩く子は後ろと、安全にも配慮されてました

また、参加人数が多いですが、道路も広く特に狭く感じることなく落ち着いて走ることができました

いざ、スタートしたあとは、親はビデオを回したり写真を撮ったりとドタバタ
周りでは歩くことを嫌がった子は、親が肩車をして歩く人も
制限時間も特にないなど、のんびり自由に参加できるのがこの大会のいいところですね

ゴールした後には、うまい棒にパックの牛乳!
子供にとってはいいご褒美になると思います

この大会は親と子供が一緒になって参加し、達成感を味わったり、感情を共有できる数少ないイベント

来年も子どもと楽しみながら参加したいと思います

来年は2017年2月26日










スポンサーサイト

二世帯住宅をするかどうか

結婚し、ブログが一時滞りましたが、再度活動することとしました
以前は、趣味の自転車やトライアスロンばかりでしたが、現在は、仕事に子育てにと生活が一変しています・・・
人生こんなものですよね

さて、タイトルにあるように二世帯について一度は考えたことはありますよね
家を建てるとき、親または結婚相手の両親から
「土地があるからそこに家を建てていいよ」
「部屋が空いてるから一緒にすもう」

などのお言葉

血がつながっていない両親から言われると・・・うれしいような・・・不安なような・・・複雑な気持ちになるのではないでしょうか

我が家の場合、
私の両親が賃貸で生活。私の妹が障がいをもっていることもあり、将来が不安で嫁に両親と一緒に住むことを提案しました

私が妻をいろいろ説得しまして、2015年4月に家を建てもうすぐ1年になります
その一年をすごして、二世帯で過ごすにあたって大切なことがひとつありました

一緒に住むまたは両親の近くに住むことで、考えられることは
・孫の顔が見たくて
・生活が心配で
何度の家にくること

これが一番ストレスになるんです
嫁も何度も発狂してました(´;ω;`)

そう、この解決ができるかどうかが、二世帯で生活ができるか、または両親の近くで生活ができるかどうか大切なことなんです








その解決方法というのが
夫の両親であれば
夫が両親に対して「不必要に家に来ないで!!!」と言えるかどうか☆

ちょっときつい言い方ですが、ようはこれです

両親は心配できているんですが、お互いのプレイベーとを守るために、親族であろうとさまざまなルールや決まりごとが必要なんです
その、ルールや決め事を決めることができるかどうか、両親とその血のつながっている夫か妻の関係性が大切です

土地の場所、両親の人柄ももちろん大切ですが、本当に困ったときに両親としっかり話ができる方なのか見極めてみてください
二世帯で生活をしようと考えている方
幸せな生活が送れることを祈っています


お久しぶりです

4月から仕事がかわり、ドタバタしてます

同じチームのNさんの父親が、自分と同じ職種で働いていました
その方曰く、「相談の仕事になったら、自転車なんてする暇ないよ」というアドバイスを頂いたんですが、
4月からその相談する場所となったんです・・・

まずは、仕事で早く一人前になるためにも、ここはやることをしっかりしたいと思います(^^)/

でもな・・・なにもしなかったら、やっぱストレスは溜まるわな

仕事も遅くなるので、以前通っていたスポーツジムは止め、岡山駅の近くにあるコナミスポーツへうつりました
夜の23時までやっているので、続けられそう☆

さっそく、昨日から通いましたが、今日はプールでマスターズの練習があったので、様子を見に参加したんですが、勢いで参加をしてしまった
プールで泳ぐのは、久しぶり・・・長い距離を泳ぐのも何ヶ月ぶりだろう

そんな状態で泳いだメニューは
up 400m(skps)
S 100×6 奇数Fr 偶数IM
P 100×4 
S 200×2
  100×4
  50×8

合計2600m(1時間)

全く練習していない自分にとっては、拷問でした

出直してきます

西チャレ 2012

西チャレは、初レースでした☆

そう、今シーズン初のレースではなく、職場のラリルレロくんの初レースなんです
耐久は、出たことがあるけど、レースというものは初めて
出会ってから約一年・・・やっとこの日が来たって感じですわ

そのことばかり考えてたら、自分のスタート時間を間違えてしまった
12時30分と思って現地に到着したら、11時30分スタート

自分のカテゴリーはプロ・強豪選手がざわめくA-Eなんですね
ただでさえ、死刑台待つ囚人のような気持ちなのに
気が付けば、スタート30分前

トイレでの軽量化は、更新記録並みの速さで終わらせ、アップを15分でこなし、さらには、軽食を食べてスタート地点へ行きましたわ
意外とやれば出来るもんじゃわ
スタート地点では、チームメイトと久しぶりの出会いで、なごやかな気分で談笑
スタートに付くまで息を切らしたから、気持ちが落ち着くわ

「パン」
・・・ん?ししおどしの音?
他の選手「え?何?」「あっ、スタートしてる」
自分「は!?」

もう、集団内は軽いパニックでしたよ!!
急いで自転車に跨いだけど、クリートがはまらず、そのままスタートダッシュ
シクロであんなに、すばやくクリートはめてたのに、こういうとき活かされないとだめだよな

<一周目>
中段後方
下りながら、他の選手が中切れしそうな状態だったので、少しずつ前へ移動
途中、同じチームメイトのリンダさんとすれ違うが、挨拶をする余裕はなかったな・・・

やや後方だったので、意外と足を使って三段坂へ突入
やっぱ、実力不足だったな
坂は登れず、すぐにマイペースで登ることにした
始めは、一人だったけど、後方から2人ほどきたので、一緒に1周目を終える
先頭から20秒差ぐらいだったかな

<二周目>
同じ岡山のチーム「ノザキ」の選手二人と合流
良いペースで走り、前から落ちてきた選手と合流

<三周目>
足のない選手は、千切れ6人ぐらいの集団で走行
良いペースじゃったわ

<四周目>
足のない選手はきれたけど、その内の一人が自分になるとは
左ふくらはぎを攣り、戦線離脱
回復するまで、まともに走れず
後ろから、マトリックスの選手と合流

<五周目>
平地は、競輪選手のようなふくらはぎに見とれ、平地であっという間にきれてしまった
下りで、一度は追いつくが、やっぱ足は残ってなかったな~

一人で走っていると、後ろから車の音が聞こえ始めた
そう言えば、落車している人がいたから、その人を拾うためかなと思って後ろを見たら、回収車じゃありませんか

いやいや、自分が最後かい!!
このコースで、回収車に急かされるのは、何回目やめん!!(2回目だけなにか・・・)
足はつりそうなのに、急かされたらがんばるしかないわな
ふくらはぎだけでなくて、太ももも攣らせながら、なんとか完走扱い

レベル低いわ

まだまだ、調子はどん底なので、これから上げていきます

レース内容は散々だったけど、ラリルレロくんは、無事に完走したし
青Mさんは2位だったし、たくさんの元気をもらえました

仕事から帰ったら0時近くて、今は1時過ぎ
明日は起きれるじゃろうか



第2回晴れの国おかやま7時間耐久エンデューロ

今日は、POLPOメンバーあっきーの合唱の発表会があったんですが、耐久レースに参加してきました☆

今回のメンバーは
チーム:オレンジリボン  ラリルレロくん、あーりー、自分の3人

去年の中山耐久と比べて、あーりーが加わり最高のチームの出来上がりですわ

前日は、22:30まで仕事をして、帰って用意をすると日が回わる。
ウトウトしながら、現地へ到着☆

風はなく、日は照って天候は良さそうであったが、あまりの寒さに、アップの2周のみで退散しました
こんな日に限って、手袋を薄いのしか持ってこなかったんだよね・・・
シューズカバーもないし・・・こたつとミカンという冬の必需品が恋しくなったわ

今回のレースの目標は
・ラリルレロくんに耐久の面白さを味わってもらうこと(もうすぐ、海外だからね)
・あーりーを自転車に乗せること(観賞用だけはもったいない)
・自分は追い込むこと

2月、チーム岡山の会議後の練習だったかな
自分だけ、集団から切れてサイクリング状態になっていた
来週は西チャレのため、少しは良いイメージでレースを終えたいのだ!!

まずは、スタート後の5周(30分)
一番後ろからであったが、ここでは位置取りや集団の走り方の感覚を取りもどす
ポジションは時々、下がることはあったけど、10番前後で走ることが出来たかな
ラスト一周は、ペースマーカーのマトリックスの方に「交代します」と行って、先行
意外と足にきて、思ったほど差は開かなかったか

次の5周
交代して、コースにはいるが、いいペースの人は誰もおらず
5周全て一人旅だった
参考となるのはラップタイムのみ
一応、すべて6分以内にまとめたので、良しとしよう(1周は3.7kmほど)

2周
コースに入った後、しばらくして良いペースの人がいたので、一緒に走行
ほとんど自分が引いたけど、一周目は5分30秒ほど
2周目も5分・・・何秒だっけ・・・まあ、6分以内でまとめれましたわ

あーりーもラリルレロくんも、落車はなく良いペースで引いていたので、全ての目標はクリア☆
意外と走ることが出来て、良かったですわ
あとは、同じチームで、いろんな話は出来たし、自転車仲間と会うことができて、楽しい時間じゃったなー

でも、一つ気になることは、坂道がテンポ良く走れなかったこと
また、シーズン始めなので、少しずつ調子を上げていきますわ

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。