スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動会

10月17日(土)
ちょうど、丹波の枝黒豆がおいしいこの季節に、わが職場の知的障がい者施設の運動会がありました。

今年度は、6月の50km強歩大会は、インフルエンザのため中止
8月の六甲登山は、雨のため中止と行事がことごとく、潰れていきました


今回の運動会も、天気が心配でしたが、かろうじて持ちこたえ、開催することができました


お盆が終わってから、運動会の練習が始まり
もちろん、工場の仕事があるので、練習は4時からの1時間のみ
限られた時間でしたが、みんな集中して、とりくみ、メキメキと力をつけていきました

競技内容は、
100m走、障害物リレー、器械体操、マスト登り、太鼓演奏、綱引き、1500m走など

この中でも心に残っているものを二、三あげるとすれば、練習時間を多く割いた器械体操ですかね
マット運動では、前回りや後ろ周りから始め、開脚後転・前転、倒立前転など
関節が固く、しっかり足が開かない子もいましたが、少しの補助だけでできるようになりました
跳び箱は、開脚から始まり、横・縦閉脚とび、飛び込み前転、台上前転、跳び箱の上で倒立から台上前転などの種目を行いました

みんな、練習の成果が出たと思います

あと、マスト登りも特色ある種目
5mの高さの竹を体一つで登っていきます
全身の体を、上手に使わないと登れませんが、慣れている子は、するすると登っていきますね
体の指先まで、意識が届いていない子は、体の筋肉を思い通りに動かせず、登れませんので、補助をしながら、上まで登っていきます
でも、登れなかった人が、登れるようになった顔は充実していました

もうひとつ競技をあげるとすれば、1500m
伴走する人と、一生懸命走りましたが、結果は残念ながら2位の
5分18秒でした・・・
もっと早く走れると思うんですが、ついてきてくれなかったですね(苦笑)
ちなみに1位は4分48秒
自己ベストがでて、本当にうれしそうでした
運動会は、ラジオ体操ひとつとっても、体の細部まで意識を持っていかないと、きれいに演技ができないものです
そして、仲間と合わせることも必要です
これは、普段の生活や仕事でも一緒

早いだけの仕事は、意味がない
一つのことを、正確に、確実に
そして、根気強く続けることができることが必要だと思います
「知的な障害を持っていても、無限の可能性を持っている」
自分の憧れである、西谷秀雄先生の言葉
どんな障がいを持っていても、一人ひとりの、小さな可能性を、引き出していけたらと思います

そして、この行事を通して、生活や仕事に活かし、自活あるいは就職を目指していきたいですね

なが?い、日記になってしまいましたが、
来週の20、21日は、東京で「工賃水準の向上に取り組むための意識改革とビジネス感覚の醸成」の研修会に参加してきます

ばっちし、勉強をしてきます

久しぶりの飛行機だ?
スポンサーサイト

コメント

Secret

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。