スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャリティーラン

以前の職場の用事で、神戸のしあわせの村で開かれたYMCAチャリティーランへ参加してきました☆

この催しは、1周3.2kmを4人で走り抜ける駅伝なんです
当初は、一走目の子(つかないと、ほとんど走らない)の伴走をする予定だったんですが、せっかく神戸まで来て、それで帰るのは、もったいないので練習と思い4人全員伴走することにしました☆

コースはと言うと、スタートの競技場を出ると、すぐに坂が待ち受けている・・・
そして、1kmほど下った後は、また交代する競技場まで上り坂と、平地がほとんどないコースなんですわ

駅伝の目標??
もちろん、一般の駅伝で、知的障害のわがチームが表彰台に上がること☆☆
これは、働いていたときからの夢なんですが、未だに達成できてないんです

<一走目>
元気の良いMくん
緊張は、全くしておらず、いつもの様子
時間になり、スタートの合図で走り始める・・・トロトロ・・・いつもスタートダッシュは遅い・・・
競争心という物が、全くないのでね?
それでも、声をかけながら着いてきてもらおうとするが、なかなか来ない
おかしいな?と後ろを見ると、もう一チーム出たYくんがMくんを前に出さないように、ブロックしてる!!!

いやいや・・・そんなところで争いをせんでおくれ・・・
そのYくんの負けず嫌いをMくんにも分けて上げたいわ
Mくんを前に行かし、出遅れた分を取り戻すため、少しずつ抜かし順位を上げる
去年は、しんどくて途中立ち止まることはありましたが、今回は最後まで走りきって、次の人にタスキを渡すことが出来ました☆偉いわ♪

<二走目>
要領の良いFくん。「がんばろー」と声をかけながら、淡々と走っていくFくん。
途中、応援してくれている所を過ぎるとき、みんなに、手を振って応える

それを後ろから、眺める自分
「一生懸命はしってね?」と心の中で思いましたが、最後の登りはさすがにきつそう
その登り坂の途中で、また別の人が応援してくれている所では、手を振ることもなくがんばって走ってました
少し速いペースだったけど、よく着いてきてくれました

<三走目>
気を抜くと、すぐにペースが落ちてしまうSくん。今回は、お父さん、お母さんが用事で応援に来ることが出来ませんでした
でも、お父さんお母さんの前では、しんどそうなふりをして、ペースを落としてしまうことがあるんですが、今回は、ペースも乱すことなく最後まで走りきることが出来ました。☆☆
いつも、こうだと嬉しいですわ

<四走目>
自らアンカーを志願したAくん。じつは、応援している所だけ、がんばる子なんですわ
みんなのいるところがちかずくと、普通に走っていたのに、頭を振りながら全速力で走る・・・
「いやいや、普通に走ってよ」と声をかけると、しぶしぶちゃんと走るが、みんなの所を過ぎると、ペースダウン・・・
心の弱さが大きすぎ
それでも、励まし、最後の競技場に戻ってきました
自分はすでに4周目。もう足もいっぱいだが、もうちょっと追い込みたいと思い、
「Aくん、ゴールまで勝負じゃ?」と勝負を仕掛けるが、Aくんはなかなかペースが上がらない

ふと後ろを見ると、後続の選手がすぐ後ろにおった!!!
急いで「走れ??」「死ぬ気で走れ?」と兎に角声をかけまくると・・・
なんとか追いつかれず、ゴールすることが出来ましたわ

いや?、よく走りました
伴走でしたが、常に声をかけて走っていたので、ほとんど喋りっぱなし

まあそれでも、全体のタイムから言うと、12.8km48分台で走ったので、1km4分を切って走りきることが出来ました

でも、目標の表彰台には届かず6位
そして、最初から最後まで、一人で伴走をしたので、一人駅伝も6位でした(笑)

今回も、いろいろみんなと話しが出来たし、走り終わった後のお弁当はおいしかったし、いい時間を過ごすことが出来ました
来月は、マラソン大会の伴走があるので、またよろしくお願いします
スポンサーサイト

コメント

Secret

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。