スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯郷温泉

はい。二次試験一回目終わりました☆
適性検査に、小論文

最初に構成を練って、後は淡々と書いたら、用紙にほぼぴったりな文字数
そして、時間も余裕があったので、見直しをして終了・・・
来週は、面接と集団討論
がんばってきます☆

さて、午前中はこんな感じで過ごし、午後からチャリ練

赤磐市の辺りの道を開発してやる?と思って走っていると、湯郷の看板☆
距離を見て・・・意外と近いと思って、目指せ温泉街

今日は、スピードを上げもせず、下げもせず、淡々と走行です
そして、
往路の距離は63km
アベは27.8kmで到着

湯郷の前には気持ちよく流れる川☆☆
SA390095.jpg

橋の上からシャワー
SA390098.jpg

暑い中走ったから、普通だったら、絶対川で泳いでます

でも、今日は普通ではない
だってすでに4時前
早く帰らねば・・・

女の子3人組が、気持ちよく川辺で遊んでいるのをよそ目に、泣く泣く家を目指して帰り始めました
あ?、仲間に入れてもらいたかった(笑)

帰りは、行きとは違い、寄り道をせず、でも淡々と走る
90km越えてから、坂道が辛かったわ
乳酸が溜まりっぱなしの足で、『MT5』でした(まじでつる5秒前です)
帰りの距離は56km
アベは29.1km

今日一日は
距離121km
アベ28.1kmでした

今度は、川で泳ぎたい・・・
一緒に泳ぎに行く人、募集中です☆


スポンサーサイト

現状と目標のギャップ

今日は、ちょっと中休み☆
なので、またまた練習のお勉強

目標をたてた後は、現状とギャップを把握することだそうです

高校までやっていた水泳はやりやすかった・・・
同じ距離をがんばって、タイムさえ縮めれば良いのだから
(でも、それがなかなか縮まらないんだけどね

さて、またまたサイトを引用させてもらって記述します
↓↓トレーニングナビ↓↓


目標を設定し終わったら、次は、

現在の競技レベルがどの程度なのか
目標までどのくらい離れているのか
を、把握します。そこで見えた「現在の競技レベル」と「目標」とのギャップが解決しなけらばならない課題、つまり、練習で取り組むべき課題です。これが、練習計画を立てる基礎となります。



ギャップを抽出したら、ギャップを分析する

現状と目標のギャップが明確になったら、次は「なぜギャップが発生しているのか」「ギャップを埋めるためには何が必要か」を分析します。

上記の図の例ですと、目標が「100mを11.0秒で走る」であるのに対して、現状では「100mを12.0秒で走る」ことしかできません。100mのタイムに1秒差がある原因を考えます。

例: 100mを11秒で走る人と12秒でしか走れない自分を比較分析すると、後半の50mはほぼ同じタイムだが、前半の50mが遅い。特に最初の10mが遅い。
→スタートを向上させるためのトレーニングが必要である
陸上競技のようにタイム(数値)で結果が出るような競技は比較的分析しやすいのですが、球技などのスポーツでは、自分の能力(自チームの能力)を客観的に漏れなく把握するのは難しい作業になるかもしれません 。

実施時に意識すると良いポイントをいくつか挙げます。

できるだけ数値で表現できるように、現状把握および目標設定を実施する
強みの比較だけでなく、弱みも分析項目に含める
数字で表現し難い場合は、具体的な他者(ライバル)を想定して、強み・弱みなど能力比較する
チーム競技の場合、チーム全体・各チームメイトの状況も分析対象とする
練習環境(指導者やグラウンドなど)の状況も分析対象とする
学生の場合、学校行事やテストなど、競技の練習時間などに影響しうる要因も必要に応じて考慮する
絶対評価と相対評価を使い分ける

↑↑だそうです↑↑

なので、練習中はなるべく数値に出るようにしてます
コメリ周回でも山登るときでも、タイム測定☆
後は、一ヶ月の距離や練習時間も参考になるかな?

とにかく、自分の目標に近い人を探して、その人との比較をしないとなかなか、意味はないかな?
などとも考えてます

まぁ、目標に近い人は、周りにたくさんいるので、探す苦労はないですけどね(笑)

今週は試験・・・
その現状とギャップは∞です

朝練

今日は、無事に起床しました

朝は、涼しくて、気持ちが良いですね☆
夏は・・・

冬に朝練をしたときは、ボトルの水も凍るし、寒いしで大変でした

朝練をしている人は、本当にすごいですわ
精神的にも強くなりそう

さて、今日は金甲山を登ってきました☆
タイムは
Time:24分03秒
Ave:16.9km

でした。久しぶりなのと、朝練初日なので、ボチボチと登ってみました

でも、ある程度踏めるし、悪くはない感じですわ
三日坊主にならないように、がんばりますわ

夕方は、用事があったので大学へ
そして、大学時代お世話になり、今は講師をしている通称ありさんと会って話してきました☆
何年ぶりだろー
変わらず、とてもいい人でした

画像は、金甲山の鉄塔
SA390094.jpg

金甲山から見た朝日
SA390093.jpg




二度寝

朝練しようと目覚ましをかけました
が、睡魔に負け、二度寝・・・

仕方なく6時前に起床し、一時間弱だけ練習しました・・・

さて、夕方練

久しぶりのコメリ練です
今日はペース走
20周(距離は20km弱)をアベ35km以上で走ることを目標

最初の11周(←一周多かった)はアベ35.6km

続けて後半の10周
ラスト2周は40km弱のペースで走りはアベ35.9kmでした☆☆☆

イージーをした後、直線で0発進ダッシュ330mをに2本で今日の練習は終了

ちょうどその時に、O西さんが来られて、レースの話しをいろいろして帰りました

明日は早く起きれるかな・・・
う?ん、だれか起こして下さい

目標設定

大学時代は、
レースでも、ぜったい負けたくない
と、思って、ギラギラしながら、練習もしていましたが・・・

今は、どこか落ち着きすぎてますね。
岡山に帰って、まだ自転車が生活の一部になっていないような気もします。

気持ちから負けていては、いけないので
ちょっと、練習すると共に、頭も使いながら練習をしていきます。

まずすることは、目標設定ですね

以下は、他のサイトを引用しながら、書き込みます(http://training-navi.com/index.php)

目標が明確になっていないと、

具体的なトレーニング計画が立てられない
 (どういう練習をすれば良いかが決められない)
トレーニングの効率が悪くなる
 (例)必要のないトレーニングを実施してしまう
 (例)きついトレーニングをしているのに結果が出ない
気がつかないうちに手段が目標にすり替わっている
 (例)競技力アップのためにウェイトトレーニングに取り組み始めたのに、いつのまにか筋肉量を増やすことだけに固執している
 (例)「きつい練習をやった」という達成感を得ただけで満足してしまう
トレーニングの効果測定が実施しにくい
 (トレーニング内容の良し悪しが判断できない)

などの、状況に陥る可能性があります。



《良い目標を設定する》
目標とは、「ある活動や課題に取り組むときに、一定期間後に実現する状態のこと」であり、具体的には

「何を(目標項目)」
「いつまでに(期限)」
「どのように(方法)」
「どのくらい(達成水準)」
を明確にしたものである。これらの項目を目標の4要素という。 目標設定を行う場合、この4要素を明確にすることが必要である。

自分のモチベーションが上がる目標を設定するためには,大切なポイントがあります(図1)。
(1)目標が明確であること,
(2)目標が「自分にとって」魅力的であること,
(3)目標の達成基準が明確であること,
そして(4)目標のレベルが適切であること――です。

↑↑だそうです↑↑

目標1(短期目標)
何を→自転車競技を
いつまでに→9月の実業団絵レースin加東
どのくらい→3位以内

目標2(短期目標)
何を→シクロクロス
いつまで→11月
どのくらい→C2で2位以内に入る

目標3(長期目標)
それは・・・秘密(笑)

今のレベルからは、難しいかもしれませんが、諦めずがんばります☆☆
よし、明日からやるぞー




QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。